STORY 1
会話の中からヒントを得てアイデアに落とし込む、
そんな二人三脚の家づくり

HOME  >  STORIES  >  STORY 1

N邸
施主名 N邸
竣工年 2019年
工法・構造 木造在来軸組工法
延床面積 110.54㎡
敷地面積 157.38㎡

実家の裏手にある広い土地が売りに出たことをきっかけに、家づくりを検討されたNさんご家族。
旗形地であるものの、広い土地面積を生かし、ゆったりとした庭付の快適な住まいが実現できる、と家づくりをスタート。
当初は「こんな家にしたい!」というこだわりがそれほど強くなかったNさん。ダイヤビルトは「こうしたい!」という強い希望がないからこそ、「どんな家にしていきたいか?」をくみ取り、プラスアルファを提案することが、私たちの腕の見せ所だと考えプランニングを行いました。

実家の裏手の土地が売りに出たことをきっかけに、実家のリフォームをして頂いたダイヤビルトさんに相談しました。
こんな家を建てたい、というイメージがぼんやりとしかなかったので、基本的にダイヤビルトさんにお任せでしたが、何気ない会話から私たちの要望を引き出し、細部にわたり提案してくれたことでイメージ通りの家を建てることができました。

外観

シンプルなファサードに、印象的なイエローの乱形石のアプローチと鮮やかなブルーの玄関は、N邸のシンボル的存在に。広い敷地を活かしたゆったりとした住まいを実現。

リビング

  • 白を基調としつつ家具のファブリックにもこだわったシンプルな内観は、ゆったりくつろげる優しい空間。

  • 広々としたリビングは動線にゆとりが生まれ、家族が増えた時にも時間を有効活用しながら過ごすことができる。

キッチン

  • キッチンの隣にたくさんストックすることのできる明るいパントリーを置くことで、家事導線が楽ちんに。

  • 半独立のキッチンの向かいには、ディスプレイとしても楽しめる“見せる収納棚”を設置。高い天井を活かしたぺンダントライトは空間のアクセントに。
    ビジュアルの見せ方と素材の選び方で、上質な暮らしを演出している。

  • 暗くなりがちなパントリーも、ビビットな黄色のアクセントクロスを採用する大胆な色使いで、ぐっと華やいだ空間に。

  • SIC

    大容量のシューズクロゼットには、家族の靴はもちろん、お出かけグッズをたくさん収納できる嬉しい設計。

  • 水回り

    水回りをまとめた動線は、毎日の家事負担を軽減し、共働きのご夫婦には欠かせない場所に。