STORY 2
こだわりぬいた家だからこそ、
暮らせば暮らすほど、より好きになる。

HOME  >  STORIES  >  STORY 2

N邸
施主名 K邸
竣工年 2016年
工法・構造 木造在来軸組工法
延床面積 167.59㎡
敷地面積 204.68㎡

数ある工務店の中で信頼をいただきお声がけいただいたKさん。
ご自身の中でこだわりたい部分がたくさんあり、注文住宅だからこそ実現できる理想の住まいをご提案しました。
こだわればこだわるほど出てくるのが、お金の問題。人と人との繋がりを大事にするダイヤビルトだからこそ相談することのできたことだと思います。お引き渡し後も住み心地についてのお話をお伺いすると、家の掃除やお手入れが小まめになり、部屋がいつも片付くようになった、と嬉しいお声もいただきました。

建築家と描いた理想の住まいを、実際に形にしてくださるのはやっぱり工務店さんですね。一生ものの買い物なので、ぜひ建てた後もお付き合いできるような信頼できる工務店さんとの家づくりをおすすめします。
ダイヤビルトさんは、とにかく仕事に誠実で丁寧に対応してくださったんです。なので、安心してお任せできました。
現場もいつもきれいに片付いた状態なので、ご近所さんからもお褒めの言葉を頂きました。
この空間にずーっと居たい、この空間が一番好きと思えるように造っていただいた家だからか、掃除やお手入れが小まめになり、常に部屋が片付くようになりました。

動線が完璧なキッチン

動線をとことん考え抜かれたシステムキッチンは、機能性と美しさを両立。料理をするときは楽しく、片付けるときはストレスフリーで家事上手に。人を家に招くのにもぴったり。

緑の庭を眺めながら過ごせる
開放的な居住空間

  • 妻のKさんは家で仕事をしているが、 自宅の環境が素晴らしく、今の住まいに移ってからは「カフェやシェアオフィスで仕事をしたい」と一度も思わなくなったとのこと。 仕事の合間に、家事もスムーズにこなすことができるそう。

  • 家に来られるお客様からは、口を揃えて「居心地のいい空間」とのお声をいただいた。

経年変化が味になる総タイルの外観

塗り替えや修繕等のランニングコストがなるべく掛からないよう、初期費用は高くても総タイルの外観にこだわったKさん。結果的に建物に風格が出て、汚れも目立たず、例え汚れたとしても「味」になる工夫を施した。

ビルトインガレージと動線

キッチンは大きくないけれど、工夫を凝らして機能的にしたことで、収納スペースが多くなった。ガレージはキッチンのパントリーにつなげ、買い物後にそのまま冷蔵庫やパントリーに収納できる導線になっている。

  • 2階の各部屋の回遊性

    寝室、ウォークインクローゼット、洗面所・バスルーム、トイレ、バルコニーの回遊性を高くしたため、生活効率が上がり、より暮らしやすい家に。

  • 一日の終わりと始まりを
    好きな寝室で

    爽やかな自然光が入る寝室にはゆとりを持ったスペースを設けた。隣部屋をウォークインクローゼットにしたことで、物が溢れず生活感を出さずに生活を送ることができるのがお気に入りとのこと。